うつ病で3年半の投薬

うつ病で3年半薬を飲んでいます

3年半前から、うつ病の治療をしています。
2週間おきにメンタルクリニックに通い、薬を処方してもらっています。

 

不安が落ち着く薬、イライラを鎮める薬、不眠のための薬を服用しています。
メンタルクリニックは予約制ではないので、患者が多い時は1時間くらい待つこともあります。

 

病院に行くことで疲れてしまうことも多いです。
治療し始めの頃は、抗うつ薬を処方されたのですが、私には強すぎて続けられず、西洋薬と漢方を兼用して服用しています。

 

うつ病になった当初は、1年もあれば社会復帰できると思っていたのですが、症状が落ち着きはしたのですが、完治の見通しが立ちません。
たぶんこのままの状態が少しは良くなっても、社会復帰は無理のようです。アレルギー性鼻炎薬

 

メンタルクリニックはいくつか受診しましたが、診断名はなかなか言ってもらえません。
役所に提出する書類などを見て、うつ病なのだと理解しました。

 

初めは、娘がうつ病と統合失調症を発症し、そのサポートをするうちにうつ病になってしまいましたが、こういうケースは多いそうです。
うつ病を発症する前は、シングルマザーとして仕事や家事や子育てをパワフルにこなしてきましたが、
今はヘルパーさんに家事をしてもらっています。

 

人は思いもよらず健康を損なうことがあるものです。
健康で、精神障害の人のサポートをしたこともある自分が、サポートを受ける側になっています。

 

早く回復したくて、医師の許可をもらい薬の量を減らしてみたりしましたが、やはり病気の波があり後戻りの繰り返しです。
薬は出来るだけ減らしたいので、頑張ってはみますがなかなかうまくいきません。

 

それでも娘の薬の量と比べると少ない方です。
娘の薬は10種類くらいは服用しています。

 

娘は以前別の病院でカウンセリングを受けていましたが、今の病院ではカウンセリングを受けていないので、医師と薬が頼りです。
病状が安定しないので、薬の種類と量を次々変えている状態です。うつ病の薬

 

家族の中に病気の人が出ると、特に精神疾患の場合家族も共倒れになってしまいます。
今の病院にたどり着くまで、長いこと通っていた病院が本人に合っていないことをもっと早く見極められると良かったのにと悔やまれます。

 

しかし、今少しずつですが病状の波が小さくなるときもあり、健康のありがたさを実感しています。

人の健康を損なう病気症状の1つとして記憶障害があります。
アルツハイマーや痴呆症などはその代表的な病例であり、病気になってしまうと、
記憶がどんどん損なわれていくというとても恐ろしい病気です。

 

人が健康に暮らしていくためには精神的に安定しているということがとても大きいです。
そして、その精神の安定を目指すならば、しっかりとした記憶が大事になってきます。

 

記憶障害が起こると、少し前にあったことを忘れてしまったりします。
それは、食事で何を食べたのか?ということだったり、薬を飲んだのかどうか?
ということだったり、誰かと会ったことを忘れてしまったりなどです。カマグラゴールド購入

 

これらは、本人にその自覚がないので、周りの人がかなり大変なおもいをしますから、いろいろと負担が大きくなってしまいます。
そうして病気になって記憶障害が出始めるとなかなか治療するのは困難で、
最先端の医療技術を用いてもすぐには回復しないことが普通です。

 

では、どうすれば良いのかというと、それはやはりそういう病気にかからないよう予防していくことが大事になってきます。
病気になれば、薬をいくら投与しても効果はあまり期待できないのですから、
やはりそうならないように普段から気をつけなければならないのです。

 

そんな記憶に関する症状で注目されているのは、卵に多く含まれているコリンという成分です。
コリンは人の記憶を助ける役割があるので、毎日定期的に食べていればそれだけで病気の予防につながります。

 

医療というと、外科的な処置や、薬の投与ばかりを想像してしまいがちですが、食事によってできる医療もあるということです。
実際、コリンによって痴呆症の症状が改善されているという症例もありますし、
コリンを用いた医療は良い結果をもたらしていますので、これからますます研究が進んでいけば、
痴呆症の治療に対して大きな期待をすることができます。カンジダ薬

 

このように、医療というのは食事面も含めていかなければならないということが、コリンの例をとってもよくわかります。
ですので、これからも食事による医療の研究をもっとしていかなければならないのです。

医療を考えるとき、2つのことを大前提として考えなければならないと思います。
それは、命に危険がさらされることを回避する医療です。

 

これは、救命救急だったり、がん治療だったり、内臓の手術だったりなどが該当します。
それをしなければ、命に危険が及ぶときの医療行為は、かなり難易度の高い医療ですが、これこそが医療の基本です。

 

そして、もう1つの医療は、命に危険が及ぶわけではないけれど、しておいたほうが人間として生活する上で楽になるというような医療です。
それは、歯の治療だったり、骨折や捻挫を治療する医療だったり、ニキビや吹き出物などを治療する医療だったりなどです。バイアグラジェネリック

 

これらは一部の例外を除いてよっぽどのことがない限り命の危険はありませんんが、
治療しておかないと生活が大変になってしまい気分を害してしまう症状です。
優先順位で言えばもちろん命に危険が及ぶことを防ぐ医療が上ですが、そうでない医療に関しても決して軽視することはできません。

 

それは、歯を治しておかないと食事を楽しむことができませんし、骨折や捻挫をすれば体の動きが不自由になります。
ニキビや吹き出物が顔にできれば、女性は特に気分が憂鬱になってしまうからです。

 

ですから、そちらの医療に関しても決して疎かにすることはできませんし、どんどん研究を進めていかなければならない分野です。
健康な体というのは、それらの心配がすべてない状態のことですが、
そこまで健康な人というのはなかなかいないと思います。

 

また、どちらも薬が必要不可欠な存在になってきますので、もちろん少しでも健康に近づけるように薬を開発していくことも重要です。
そう考えていくと、医療というのはたとえ命に関わるようなことであってもなくても、
関係なく人の生活を守っていく役目があるということになります。

 

人が健康に生きるためには、医療なくしては考えられないのです。

 

ですから、これからはもっともっと医療が進歩していかなければなりませんし、進歩した医療に対して人は感謝をしなければならないのです。
ですので、これからも医療は人々の健康を守るために活躍していきます。

息子が3歳の時に、中耳炎に罹りました。
そこで、息子を自宅から30分ほど離れた医者に連れて行きました。

 

もちろん、自宅近くに数件の耳鼻科がりますが、かかりつけの医者ではない為、先輩ママ友に耳鼻科事情を教えてもらったのです。
そこでお薦めされたのが、30分ほど離れた耳鼻科。

 

予め聞いてはいましたが、とにかく大混雑極まりなし。
インフルエンザの時期だったこともあり、駐車場も待合室も満杯。受付に名前を記入後、
どこかへ用を足しに行ってしまう慣れたママもいました。クラミジア薬

 

どうしようか迷ったものの、息子は痛みが治まっているのか機嫌よく本を読んでいたことと、
家に戻るには遠すぎると判断し、待合室で待つことにしました。
朝の8時半に到着して、診察室に呼ばれたのは11時45分。

 

母親である私のほうが疲れきっていました。
息子は診察後、抗生物質をもらいましたが、その時には私の具合が悪くなり、耐え難い頭痛を感じました。

 

先生にその旨を話すと、痛み止めを直ぐに出してくれました。
待合室に出たところで、息子と薬を飲みました。そのように指示があったからです。

 

すると、会計を終え、車に乗り込む頃には私の頭痛は消えていました。
普段から薬を必要としない健康体なのですが、この時は薬の効き目に仰天!

 

現代医療に薬は欠かせないのだと実感したと思いきや、車の中で息子が嘔吐し始めました。
まだ駐車場内にいたので、息子を身奇麗にしたところで再び待合室に戻りました。

 

先生に直ぐに診てもらったのですが、たぶん抗生物質が息子に合わなかったとのこと。
別の抗生物質を処方してもらいました。

 

これも直ぐに飲んで構わないとの事だったので、飲ませました。
その後は何事も無く、帰宅しました。

 

今回感じたことは、普段から健康でいると薬の効き目はてきめんであると言う事。
風邪薬でさえも最後に服用した時を思い出せないほど健康体である私は、薬の効用を改めて見直したのです。

 

一方で息子は、薬との相性が合わなかった為に大変な目に合いました。
たまたまお医者様に直ぐに診てもらえるところにいたので、「薬が原因となり嘔吐した」と判りましたが、
そのまま家に帰っていたら嘔吐下痢のウィルスにでも感染したのかと思い込んだに違いありません。

 

そして何度も服用させたかもしれないと思うと、ぞっとします。
医療は常にトライアルであると聞いたことがあります。シアリスジェネリック

 

特に薬は完全無欠とはいかず、常に副作用を忘れてはならないとのこと。
だとしたら、薬無き医療が正しいのかと考えると、経験からいってもそれは誤りであると言わざるを得ません。

 

あの苦痛を一瞬にして消してしまう強さを常時服用することは恐怖と感じますが、
いつ終わるともわからない苦痛と戦うことは同じく恐ろしいことです。
健康であることが望ましいが、医療を当てにするのならば、薬の服用は不可欠ということなのでしょう。

 

 

健康とは心身ともに異常がない事を言いますので学校での学習や会社での勤務において支障や困難な病気がない事から成功する上で
最も大事であるという人間の永遠のテーマになっています。

 

しかしそういう人は少なく生まれつきの先天性や日常の生活において後天的に不具合を発見される事が多いです。
生まれつきの先天性の場合は病院で治療すれば治癒する場合がありますが殆どにおいて不可能な場合が多いという事です。

 

私の学生時代に心臓に穴が開いている友人がいましたが走る事が出来ませんでした。
医療の手術費が高い時代でしたので手術をすることなく、その後、若くして死亡してしまいました。

 

そのような特殊な心臓の病気を先天的にあれば医療が進化した時代でも医療費の手術費用が高いために若い人が
命を無くしてしまうという悲しい出来事が絶えない事です。

 

近年は医療の技術でノーベル賞を獲得した医療業界の医師が多くなっていますが特殊な病気ですと手術が高価であることから若い命を失っています。

 

この事から考えられる事ですが医療の先端技術の発明は良いには変わりませんが高価な手術が出来なく心臓病で多くの人がいます。
その「手術を安くできる方法」を考えたほうが先決問題と考えます。その証明は50年以上、
経過した現代でも手術費用は変わりがない事です。

 

医療の進歩とは、どういう事かを問い正す人がいない事です。
次々と医療の世界でも発見はされていますが「安く治癒する」事に専念していない事が昔も現代も変わっていない事です。

 

病人は金持ちばかりではありませんが我が国の国民の経済指標を観ますと昔も今も変わりはない事です。

 

その理由に物価などが上がりますので金持ちになるタイミングを無くしてしまいます。
そのために心臓病などを患うと「死の宣告」となっています。
そのような社会で良いのかを医療業界は考えなければならないと思います。

 

誰も病身を望むのではありませんが健康で学校生活や仕事をしたく思ていますが治癒できない事であれば生きる事が難しくなります。
医師は病気で悩む人を助けるために医師になったと考えます。お金儲けであれば経済界がありますので進むべき道があります。